医食同源と未病

医食同源は東洋医学の考え方ですが、食事が体を作り、健康も病気も食生活の結果だとの考え方を医食同源といいます。病気になる前から食生活を注意をすることは未病管理そのものです。
病気は、食事、運動、ストレスがキーワードです。その3つのキーワードが崩れたときに病気になります。日々の食生活が健康な体を作ることを再確認する必要があります。一度しかない短い人生を大切にするために必要なことです。

テキストのコピーはできません。