未病と鍼灸

鍼灸は、ツボに鍼や灸を施術する治療方法ですが、必ずしも病気にかかったときのみ施術するのではなく未病の段階で施術をした方が効果は大きいと考えます。未病はもともと東洋医学の概念ですが東洋医学の本質的考え方には病気にかかる前に治す、すなわち治未病(未病治)があります。未病状態から健康状態に戻す医師こそ名医であるとも言われています。
参考に鍼灸の効能(WHO公表)についての図を掲示しますが鍼灸の効能は絶対的なものではなく個人差によっても大きく異なります。

テキストのコピーはできません。